あらゆる企業を支えるインフラエンジニア

ITは著しい勢いで高度化が進められてきており、一般的な知識を持っている人材では新しい情報システムの運用に対応できないことも多くなってきた。そのための専門員を雇う企業もあるものの、仕事の効率化や経費を考慮して専門員を雇わずに外注によって対応することも行われている。その結果として比較的安価な労働力となり得ながら有能な人材が多いフリーエンジニアが注目され、一般企業からの仕事の外注が増加してきているのが現状である。
特に需要が高いのがインフラエンジニアであり、企業にとっては生命線になっていることすらある。どの企業においても情報化が進められてきているのが現状であり、そのために情報システムを運用して仕事の効率化が目指されている。その情報インフラを支える人材として重宝されているのである。
企業において情報システムを滞りなく活用できているのはフリーのインフラエンジニアがその維持や管理を行っているからであることが多く、目立たないながらも確実に企業の仕事を支えている。開発の仕事のような華やかさこそないものの、維持や管理の仕事をしている毎日こそが活躍場面なのである。
ただし、仕事に対してお礼を言われることになるのはシステムエラーが発生してその解決に成功したときであり、常にシステムが良好に保たれていることに慣れてしまっている一般社員にとってはトラブルを一度経験しないとその恩恵を理解できない場合が多い。その観点からはトラブル解決が活躍場面といえるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です