フリーで働く場合の仕事の探し方

インフラエンジニアがフリーで働くということは、自分自身で仕事を獲得しなければならないということである。自分自身の持っている技術そのものが商品となるため、自分自身を効率よく売り込みしなければならない。
まずは、コミュニティーや勉強会などに積極的に参加して、自分自身のスキルアップを行うと同時に、いろいろな人に会う機会を増やすことが大切といえるだろう。その際に忘れてはならないのは、きちんとした名刺を作って忘れずに持って行くことであろう。できれば、自分のアピールポイントなどを記載した名刺が望ましい。ビジネスチャンスは、いつどこで巡り会えるかわからないからだ。ちょっとしたチャンスも見逃さない姿勢が必要である。
また、最近はインターネットが仕事探しの重要なツールとしてあげられる。自分自身で仕事の募集を探すのはもちろんであるが、自分自身のホームページを立ち上げ、自分自身を積極的にアピールするのが良い。積極的に自分の保有スキルや経歴などを発信するのだ。そのサイトを見た人が仕事を依頼してくることもあるのである。
仕事を安定して獲得するためには求人サイトを利用するのも一つの手段である。最近の求人サイトに記載されている情報はよく整理されているため、自分の得意分野のインフラ系の仕事を効率よく見つけることができるものだ。
フリーのインフラエンジニアにとっては、多少収入が低い仕事でも自分のスキルアップのために数多くの仕事をこなす必要がある場合もあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です